株式会社R.E.I

サイトマップ

0120-420-423 ブログ お問い合わせ

  1. トップページ > 
  2. 冷媒ガスと温暖化

News

サンタクロース危機!?トナカイ絶滅の恐れ

ニュース

もうすぐクリスマスですね。クリスマスといえばサンタクロース!そしてトナカイ!
クリスマスと言えばトナカイですが、なんと地球温暖化の影響で、トナカイの小型化や餓死が増えているそうです。
英国やノルウェーの研究チームは、今月英国で開かれた学会で、北極圏のトナカイの体重が1994年から2010年までに12%減ったと発表しました。研究者によると、北極圏で気温が上昇して雪が雨に変わると、冬場に草地が氷で覆われてエサが取りにくくなるからだそうです。
11月にはフィンランドやオーストリアなどの研究チームも、気温上昇の影響でトナカイが餓死の危機に陥っているとする論文を発表しました。
13~14年、ロシアのヤマル半島では約6万頭ものトナカイが死んだといいます。
国際自然保護連合(IUCN)は今年公表した「レッドリスト」で、トナカイを初めて絶滅危惧種に分類。絶滅の恐れはない「軽度懸念」から、絶滅の危険が増大している「絶滅危惧2類」に引き上げました。過去21~27年の間で個体数が40%減少したと推定しています。

また、スコットランドのジェームズ・ハットン研究所のスティーブ・アルボン教授によると、夏は植物が繁茂して秋に妊娠が増えることにより、
野生のトナカイの個体数は、90年代の800頭から1400頭にも増えたとのこと。その影響で餌を巡る競争が激化し、体重の減少が進んでいるとも考えられます。
これは、今後北極圏で地表の氷がさらに増えることにより、トナカイの個体数が激減するリスクを意味するものでもあるといいます。
アルボン教授は「頭数は増えたが小型化した。子どもの頃のクリスマスの絵本では2頭のトナカイがそりを引いていたが、小さく弱くなっているので、2頭では足りなくなるかもしれない」と懸念を示しました。


「地球温暖化」は我々の生活にも大きな影響与えます。
当社の取り扱う自然冷媒ガス「N-10」は現在お使いの空調機器の冷媒を入れ替えるだけで、電気料金が40%以上削減できます。電気料金の中でも「空調関係」は大きな割合を占めています。 一般事務所では約48%が空調に使われているといわれており(経済産業省調べ)、 その他、工場、飲食店、スポーツ施設、娯楽遊技場などではこの数値を上回っていると推測されます。 電気料金を下げるには、この空調関係を改善する事が最も効率が高いのです。
また、フロンのように人工的な物質ではなく、自然界に存在する物質で冷媒としての性質を持ちます。 代表的なものとして、炭化水素、二酸化炭素、アンモニアなどがあり、自然冷媒はオゾン破壊係数が0である上、地球温暖化係数も代替フロンと比べて低いため、地球環境負荷の小さい物質として、利用が進められています.
フロン排出抑制法の対象外のガスです。
地球に優しく、そして省エネ効果の高い自然冷媒「N-10」を広めていく事が、我々の使命です。




お問い合わせ


TOPへ戻る