株式会社R.E.I

サイトマップ

0120-420-423 ブログ お問い合わせ

  1. トップページ > 
  2. 冷媒ガスと温暖化

News

世界の平均気温、過去最高に エルニーニョ現象が影響

ニュース

 気象庁は21日、今年の世界の年平均気温が、過去30年間(1981~2010年)の平均値を0・4度上回り、1891年の統計開始から最も高くなる見通しと発表した。地球温暖化に加え、昨年から続く大規模なエルニーニョ現象の影響とされる。11月までのデータで分析した速報値だが、通年でも過去最高を更新しそうだ。

 世界の年平均気温は長期的には過去100年間で0・71度の割合で上昇している。1990年代半ば以降は高温の年が多く、今年はユーラシア大陸や太平洋北部など広い範囲で顕著な高温になった。

 また、日本の年平均気温も平年値を速報値で0・63度上回り、1898年の開始以来、過去4番目に高い値。全国的に平均気温が高く、特に3、5、11月は各地の気象台で月平均気温が観測史上最高を更新した。日本の年平均気温は過去100年間で1・16度の割合で上昇している。(




お問い合わせ


TOPへ戻る