株式会社R.E.I

サイトマップ

0120-420-423 ブログ お問い合わせ

  1. トップページ > 
  2. 冷媒ガスと温暖化

News

2014年度 温室効果ガス排出量が5年ぶりに減少

ニュース

環境省と国立環境研究所は2014年度の国内温室効果ガス排出量の確報値を発表しました。
(2016年4月)
総排出量は前年度比3.1%減の13億6400万トン。
2005年度比では2.4%減。京都議定書の基準年であった1990年度比は7.3%減。
排出量が前年度比で減少した要因として、冷夏や暖冬などの影響や省エネの浸透で電力尾消費が低く抑えられたことがあげられました。
再生可能エネルギーの導入拡大や火力発電所の高効率化も温室効果ガス排出量削減に影響しました。
以下部門別排出量の対前年の増減
産業部門:1.4%
業務その他部門:3.4%
家庭部門:4.8%
エネルギー転換部門:5.3%
2014年の温室効果ガスの排出量の速報値は2015年11月に公表されていたが、今回はデータの修正や算定方法の見直しなどを行い「確報値」の発表となりました。




お問い合わせ


TOPへ戻る